スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

2013jリーグプレシーズンマッチin 群馬vsFC東京戦

いやあ寒かった。試合内容じゃなくて、真面目に物理的に寒かった。実は試合前にまた上毛大橋を通るコースを10km走ったんだが、余りの風に体は進まないし、砂ぼこりの来襲で前は見えないし、口の中は砂だらけになるし。。天気はいいのにほんと風の強い日だった。しかも風花も吹いて気温も低かった。さて2月にザスパクサツ群馬となった新チーム。秋葉を新監督に迎え、大量にレギュラー陣を入れ替えた。ほんとのところ知ってるのは監督だけって感じである。全く違ったチームだ。宮崎キャンプも張れないほどの財政難だというのにPSMはFC東京とやるという。私も移籍が決まっているので来期(といっても来週から始まる)は余り見られないだろうからシーチケは買っていない。でも今日は秋葉がどんなサッカーをみせるのか、練習試合で栃木相手に0−7で負けた新チームがFC東京にどれだけ通用するのかを見たかった。またそれによってはシーチケを買おうと思い観戦した。まず驚いたのは観客の少なさ、ゲストに呼んだ何とかっていうプロレスラーにまで小馬鹿にされてた。一方FC東京もコアサポはまったくおらず、コールリーダーもいない。しかしライトサポがアウエイ自由席をほとんど埋め尽くした。ザスパもコアサポは昨年に引き継いで少ない。その上、間の抜けたチャントで(「草競馬」はないだろう。。クイズダービーじゃないないんだから)白ける。
しかもチーム名は一応公式「群馬」なのに「草津」時代と不変の応援。リーグ戦までには変わるのか?栃木のまねする訳じゃないけど「群馬県民の歌」とかでもいいんじゃないかな。。?FC東京は李忠成、石川、東、徳永などほぼフルメンバー。対する我がザスパは。。えっなんでサブが4名だけ?去年スタメン張ってたのは竜樹、小柳、中村のみ。あとはほんと知らない。もちろん平繁、青木は知ってるけど、昨年はいなかったし。前半は風上でスタート。さすがJ1体の当たりやカウンターの早さ、球持ちの良さは歴然としている。でもなにげにザスパもDFは統率されていてラインコントロールされているし、あまり決定的な仕事を渡辺たちにさせない。特に目を引いたのは30番の増田と、29番の「クリス」こと夛田。また私が今日一番いいと思ったのは18番の加藤弘堅。加藤は多分松下の代わりができて司令塔になれるだろう。プレースキックもよかった。この選手はきっと今年のザスパのキーマンになるだろう。気になったのは10番の平繁。1トップで前線に張り付いているが、球を追いかけ回すばかりでプレスになっていない。裏に抜けるわけでもないので脅威にはならかっただろう。また7番の青木も前評判より切れてなかった。うれしかったのは保崎が帰って来たことだ。相変わらず闘争心むき出しな感じでよかった。しかし両サイド攻撃はまだまだできておらず、この一週間の課題だろう。いい場面も作れていたがなかなか決定機がなく、結局不運なゴールで0−1で負けたわけだが、ザスパは決して悪くなかった。むしろ勝ったもののいい形を作れなかったFC東京の方が問題だ。なかなか結構やるんじゃないか?しかし平繁をもっといかすフォーメーションを考えないといけないだろう。家に帰ってスカパーをつけたら鹿島対水戸をやっていて水戸が追いついて鹿島相手に引き分けに追い込んだ。少しだったが見た限り仕上がりは上々そうだ。開幕戦はアウエイ水戸戦。厳しい戦いになるだろうが、この一戦は多分今年を占うだろう。来週見てからシーチケ買うことにした。移籍まであと37日。
.24 2013 サッカー comment0 trackback0

新年あけましておめでとうございます

皆さん、新年あけましておめでとうございます。だいぶご無沙汰してしまい申し訳ございません。現在はほとんどFacebookに移行してしまっていまして。。昨日親友からブログが更新されていないので心配とメールを頂きました。いやなんの私は元気でおります。さて、今年は我がザスパも「ザスパクサツ群馬」と名称も新たに、また闘将秋葉新監督を迎えてスタートします。私も今年はいろいろな意味で新しい年になります。ちょっとザスパの試合を観戦するのは難しくなると思いますが、また新たな視点でこのブログも継続できればと思っております。今年もどうかご愛顧のほどよろしくおねがいいたします。
.05 2013 未分類 comment0 trackback0

ヤスのドリームマッチ(あとはいい)

他人に「うちの庭見て行ってよ!」って誘っておきながら、雑草を生やしっぱなしにするやつはどこのどいつだーい!
私だよ!(ってかなり古いネタになったな)。気がついたら更新が一ケ月以上もなく雑草広告が生えていた私のブログ。頭の中ではこれ書こう、あれ書こうと思っていてもなかなかアップできない。。ということであっという間に夏本番。7月22日と言えば!そうですザスパOB対芸能人サッカーチームTHEミイラの試合の日です、ヤスの引退試合です!(ほんとはそのあとの町田戦がメインなんだろうけど、私にとってはあんな試合は前座扱い)。某H病院の師長さんに20枚ももらったこの試合のチケット、さばけるかなあと思っていたら「椎名桔平」と「ラモス」が来るという噂でそれ目当ての人たちに売れる売れる。実際入場時の行列もいつもになく長く、出店街もすごくにぎわってました。しかし懐かしい面々、籾谷、美容師になった10番ヨーヘー(鳥栖戦疑惑のPK男)、悪童吉本淳(やはり2005年のホーム徳島戦での2得点、特に2点目のミドルが忘れられない!)、J初ゴール男、宮川大輔(そのあと北Q戦で同点決められちゃうけどね)、小久保、J昇格の立役者、大谷圭志、天皇杯大分戦ゴールした斉藤竜、徳島戦「見たか!ごらぁ!!」の本田、言わずと知れた小島、佐田ソータロー、そしてマッスル正美、テラワロスの寺田、山崎渡、ミスターザスパ鳥居塚。。。そんな前とは思えないけど実は結構時間が経っていることに改めて気づく。プレーはいまいちだったけど愛すべき選手たち。。そして主役はミスターJ2高田保則。天皇杯岐阜戦以来の「ハットトリック」を決めて本当にいい顔してた。高田が湘南から移籍してきた2006年。その前の年J2に昇格したザスパは年間5勝しか出来ず、堂々の再下位。そして迎えた2006年シーズン開幕戦相手はJ1から降格してきた神戸。しかもアウエイ。どんだけ点とられて負けるかと思いきや、高田らのゴールでなんと3−0のまさかの快勝!!このゲームが私のベストゲームだな、ザスパの。そのときピッチで躍動していた高田は輝いていた。まさにヒーロー。しかしそのヒーローは全く前橋の人に知られてなかった。その神戸戦の翌週の土曜日、前橋公園の遊園地「るなぱーく」に下の子と遊びに行ったのだが、娘が「パパあれ高田じゃない?」という。お子さんと「くるくるさーきっと」に乗っていたのだ!サングラスも何もしていないのにみんな気づいていない。。思い切って「ザスパの高田選手ですよね、神戸戦ナイスゴールでした!」と話しかけた。そのときの高田の笑顔が忘れられない。
さて振り返っていまの副島ザスパ。お金は少しは当時よりかけているが、まずサッカーが面白くない。それはその後の町田戦を見ればよくわかる。しかも愛すべき選手が。。まあクマとかマツとかサクくらい?
地域やサポーターに本当の意味で愛されるクラブチームとはどういうものなのか、この二つの試合で考えさせられた。
.24 2012 サッカー comment0 trackback0

確かに勝負事は結果が全てだが、、祝連勝!町田戦

雨です。梅雨です。朝からしょうしょうと降っていました。昨日の代表戦。本田、すごいですね、あんなヨルダン戦みたことがなかった。さて今日はアウエイ町田戦。今日勝つと負けるのでは大違い。昨夜ジャイキリも23巻まで読破して代表の快勝もあってかなり気分は高揚しておりました。しかしながらザスパは初物に弱い。。また町田には相性の悪い元ヴェルディの平本がいるし、なんといっても2005年の昇格メンバーだった「ヒゲ」の酒井良(もう生やしてないけどね)、またU23にもいた太田がいてきっと向こうもモチベーション高くもってくるんだろうなと危機感をもっておりました。13時スカパーの前でレプユニ着て観戦開始!解説は高田ヤス!初めて実況で高田の解説を聞くことになった。これも楽しみ。スタメンは前節勝利した福岡戦と同じメンバー。副島さんはどうも勝った試合の次はメンバー固定する傾向にあるね。しかし動きはいい。タツキ、ソンヨンと前からのプレスが効き、ほとんど相手陣内でプレーする感じ。開始五分で遠藤がシュート。枠をかすめ最初から飛ばしている感じ。プレスが高い位置でかかるので、相手のパスもごく短く、なかなか町田は前にすすめない。しかしやはり平本の突破力は脅威だった。そんな中CKのチャンスを立て続けに得たザスパはCKからの流れで永田がゴール前に縦に放り込んだボールにミクがバックヘッドですらしてシュート。これがすっぽりゴールに入り、ザスパ先制!!降りしきる雨の中、イレブンの躍動感あふれるプレーに「これは昨日の代表みたいに大差となるのか?!」と期待してしまった。しかしその先制点直後、急にザスパのプレスが甘くなる。最初はほっとした一休みなのかと思ったが、先ほどまであれほど効いていた高い位置でのプレスはなりをひそめ、町田のポゼッションが俄然増える。パスが回るから勢いが出てきて、前半の後半20分はすっかり町田ペース。セカンドボールはことごとく拾われ、7連敗したときのやばい雰囲気に。それでも前半は1-0で折り返した。後半にメンバーを換えてきた町田は10番のセルビア人のミディッチが起点になってさらに攻撃的に。足の速い19番北井も右サイドから何度も切り込み、GK北と1対1の場面もあった。ザスパは後半はまったくシュートの打てない状態。このままずるずるいって町田に1点取られたら逆転されそうな予感が漂った。しかしそんな時、解説の高田が「こうやって町田も押してるときに点取れないと、カウンターかなんかで草津に2点目とられちゃったりするんですよね。」とのコメント。まさか知っていたのではないかと疑うほど、それは起こった。町田が前がかりになったためにザスパの右サイドに大きく空いたスペースに、ポーンとボールがこぼれ出た。これをキムソンヨンが猛然と奪い、そのまま駆け上がって遠めから果敢にシュート。これがゴール右隅に突き刺さり、ザスパ待望の2点目!!これは町田も大きな誤算だった。ソンヨンは体が大きい割りに足が速い。ポストプレーだけしてると思うとマークが外れやすくなる。しかも押せ押せの町田。一瞬の隙を突かれた格好になった。ザスパはクマに換えてサク、林に換えて杉本、カードもらった遠藤に換えてヘベルチを投入。しかしこの追加点のあとも、若干の改善はあったが、ボールは町田に支配された。ヘベルチは全く仕事させてもらえなかった。とはいえ結果的には2-0の快勝。今期2度目の連勝を果たした。うーん、うれしいんだけど内容がね。。そういえばこないだの7連敗の前も連勝してたんだよな。この試合の入り方はすごくよかった。なぜあのパフォーマンスを継続できなかったかが問題だ。サッカーは不思議だ。内容なら、負けたアウエイ岡山戦、引き分けだったホーム松本戦のほうがよかったのに、今回は2-0で勝利。水曜のナイター熊本戦には参戦する予定だが、早急に修正しないとかなりやばい。。しかしながらまずは選手たち、現地組のサポーターのみなさん、お疲れ様。そしてよかったね、おめでとう!
.09 2012 サッカー comment1 trackback0

長かったトンネル、、ザスパ9試合振りの勝利ー福岡戦

さて、一週間はあっと言う間に来ます。この一週間いろいろなことがありました。不整脈発作、ジャイアントキリングとの邂逅、当直でもないのに朝、自宅に直電あって呼び出されたり。。。しかしながら木曜、金曜と論文執筆をすこしセーブしたところ不整脈も治まり、今朝はMK病院に外勤へ。下の子のバレエのお迎えが15時のためキックオフには間に合わず、仕方ないのでラジオを聞こうとおもったら、おい!FM群馬!!エキサイティングザスパやってねーじゃんか!!お迎えから家に着き、スカパーを急いでみたら、結構いい感じ。草津でのミニキャンプがよかったか>確かに副島さんは中断とかミニ合宿とか好きだもんなあ。おい急いで支度しろ!自転車で敷島行くぞ!と子供にいいながらテレビ見てたら、おおっとタツキがゴール!!!おお!!と思ったら何とハンドの判定でノーゴール。幻のゴールでした。現地に到着するも前回の松本戦とは打って変わって静かな雰囲気。。私はザスパカップでビールを買い、子供にはかき氷を買い与えていざスタジアムへ。おお、激空いてるけどなんか落ち着く。今日はパスが連動していていい感じ、シュートも結構出ていて最近にはない面白そうな内容。なーんて見ていたら、前半33分頃、フリーキックにミクが巧く合わせてゴール!!!すごい!先制点何試合ぶりだろう!ハーフタイムの抽選会でDJは湯もみ娘の格好して「みなさん、今日は気分いいですね!」とか言っちゃうし、だめだよ!それフラグ!この試合は全体としてソンヨンのポストプレーが光った。7番林もよく動いていたが、肝心な面でのミスや、思い切りのなさが目立った。それに引き換え、永田と小柳はいままでになく積極的に相手のバイタルエリアまで持ち込んでよかったと思う。そしてタツキ、あの前線からのプレスがかなり効いてた。子供はヘベルチを見たがっていたので残念がっていたが、交代して入った、番長杉本も涼君もいい動きをしていた。
さてそして、何とか9試合振りの勝利勝ち点3を手にしたのだが、得点はもっと出来た試合だった。逆に言うとアビスパはサッカーの形ができておらず、交代に明らかに不満な態度を見せた選手もいてこの先心配だ(ってうちのほうがもっと心配だけど)。今日みて思ったのは最近のザスパの試合の中で一番わくわくした。連動したパスの連携、戻りのはやさ、当たりの強さ、最後まで落ちなかった運動量。きっとミニキャンプが奏功したのだろう。今日はいい天気でかつ選手もサポーターもみんないい顔してた。副島さんに声かけたら振り向いてくれて笑顔だった。ずーっとつらかっただろう。さて一枚皮剥けたよ、ザスパは。さあ大反撃の開始だあ!!うん、ほんとうれしい。
.02 2012 サッカー comment0 trackback0
 HOME 

プロフィール

前橋太郎

Author:前橋太郎
前橋太郎(まえばし たろう)
某大大学院医歯学総合研究科 寄付講座准教授
日常診療における疑問をベンチで解決することを目指すphysician scientist。スローランとザスパクサツ群馬をこよなく愛する。

最新トラックバック

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。