スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

物事には勝ち負けがあるということ

我々の世界には教授選というものがある。時に知人や関係者が候補になることがあって、すごく気を揉むこともある。そしてそれは普通は一つの選挙に一人の話だ。しかし今回、某大の教授選があって、私の先輩(いつものザスパにいく「先輩」とは違います^^)と非常に親しい友人が争う形になってしまった。アンビバレンツというのはこういうことを言うのだろう。私としては双方ともに違った形で思い入れがあり、どちらも応援したい気持ちでいっぱいだった。しかも双方ともに「教授」に相応しい人物であると思っている。しかし物事には勝ち負けがある。両方がウィンウィンシチュエーションになることはない。雌雄は決した。私は一人のことを思い、心から祝福の気持ちを表した。そして同時にもう一人のことを思い、万感胸にせまるものがあった。物事には勝ち負けがある。それはよく承知しているつもりだった。でも今回の私には心情的に少しきつかったようだ。そのせいということでもないが更新が遅れてしまった。いずれにしてもお二方の今後の発展を心から祈っている。
スポンサーサイト
.20 2009 医療ねた comment0 trackback0

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://invivochip.blog95.fc2.com/tb.php/81-2e6b5d0b

プロフィール

前橋太郎

Author:前橋太郎
前橋太郎(まえばし たろう)
某大大学院医歯学総合研究科 寄付講座准教授
日常診療における疑問をベンチで解決することを目指すphysician scientist。スローランとザスパクサツ群馬をこよなく愛する。

最新トラックバック

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。