スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

水戸戦レポート

うーん、、何かが違う、よくない。。でもそれは3連勝してるときも感じていたことだった。一言でいうと試合後の感想はそんな感じ。ただ3連敗を避けられたのは何よりよかった。立ち上がりから先制まではザスパのペースだった。しかも崩してのあの都倉のきれいなゴール。こりゃ大量得点か?と思ったらその後がいけない。なんか少し守りの意識が出てぎくしゃくしてきた。気がつくと、水戸が押してて
さらには森村のミドルシュートを決められた。(あれは本田とれなかったかなあ。。)今年の水戸は足が速い。これが一番の印象だ。荒田も速ければ、吉原も速い。ザスパのプレスは単なる脅しくらいだけど、水戸のはかなりの脅威だ。高崎のカウンターも速かった。ここ数試合見て、まあこれは佐野さんのサッカーなんだろうけど、いつも前がかりのサッカーだ。前掛かりならみんなの意思がびしっと統一されていればいいんだろうけど、今日の先制後のように少し守りの弱気な気持ち芽生えちゃうと、ああいう風にカウンターされてしまう。岐阜、富山戦もそうだった。さらにパスサッカーという割には、あんままりポゼッションできてない。中盤が手薄だからだ。小池は今日最もキレてた選手の一人だと思うけど、彼がかなり上がるために左に大きなスペースが空く、みんなカウンターを狙ってるところはあのスペースに長いボールを出してくる。そうするとCBも引っ張られ、あっというまにDFはやばいことになる。
佐野さんは試合後のコメントで気合の入った試合でよかったといっているが、もうすこし冷静になって
いまのシステムを見直さないと51試合は気合だけではやっていけない。トータルフットボール、全員で守って全員で攻める、はかっこいいけど、相当の運動量が必要だし選手の消耗も激しい。
佐野さんの理想を具現化するには、今のザスパの運動量では足り無すぎる。シーズンはいって、無失点の試合がない。私に言わせると、生兵法は怪我のもとだ。
スポンサーサイト
.04 2009 サッカー comment0 trackback0

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://invivochip.blog95.fc2.com/tb.php/53-309983e3

プロフィール

前橋太郎

Author:前橋太郎
前橋太郎(まえばし たろう)
某大大学院医歯学総合研究科 寄付講座准教授
日常診療における疑問をベンチで解決することを目指すphysician scientist。スローランとザスパクサツ群馬をこよなく愛する。

最新トラックバック

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。