スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

それぞれの春

毎週火曜日は私が子供を保育園に連れて行く日だ。駐車場が少ないのでなかなか停められない事も多く、外勤前なので結構いらいらすることもあった。でも今日でこれも最後。すでに卒園式も済んでいいるので預かってもらう子も少なく、すんなり停められた。6年間通った保育園だったがいろいろなことがあった。キャンプについていって20人の子供たちの面倒を見ながら、飯盒炊爨でカレーを作り、翌朝キャンプ場からダッシュで大学にもどって外来なんてこともあった。同じクラスの子達はみんな顔と名前が一致するしどの子もほんとにかわいい。よその家の子も自分の子と同様にかわいいと思えるとは意外だった。ドアの鍵、階段、お教室どれも毎日の平凡な存在だったが今日はさすがに感慨深い。子供に「今日は最後だからうんと遊んでおいで」というと少し寂しそうだけど、いつものハイタッチをして元気に園庭にかけって行った。来週はいよいよ1年生だ。
  大学のおば食が今日限りで閉店した。おば食は古い病棟だった建物の一階にあり、今度その建物自体取り壊されて、オープンレストランやコンビニの入った医療モールになるそうだ。「一分間お待ち下さい」という看板がなつかしい。何しろ前橋太郎にとっては「おば食カレー」がなくなるのが寂しい。
これも時代の流れというもんかな?6年近くアメリカに留学してた後輩が先日帰国して明日から病棟に入る。おば食カレーが絶品だといっていたのは実は彼で、私も彼の意見に同感だった。もうあいつはおば食カレー食べられないんだなとおもうと、少しかわいそうになった。少しだけ。
  9年間外勤で行っていた病院を今日で辞めた。患者さんは数多くいたし、たぶん他の先生だと厳しいかなという人たちもいて、辞めるのにかなり勇気が要ったが思い切って辞めた。いつもは罵声を飛ばしていた看護師さんたちも最後とあって、高島屋の靴下をくれて外来のみんなで並んで送ってくれた。90近いインスリンをしてるおばあちゃんはわざわざ手紙を書いてくれた。正直うれしかったです。
  いつもPVに誘ってくれた先輩が今日をもって大学を去った。ランニングの師匠でもあるので非常に寂しい。まあすごく遠くに行くわけでもないのでまた敷島で一緒に応援したい。仲良くしてた後輩たちも続々大学を辞めた。今年は例年になく人の動きがあってなんだか「卒業」っぽい、年度末だ。
しかしいつまでも感傷に浸っているわけにもいかない。また明日から新しい日々が始まる。(って明日いきなりエープリルフールだね。。。)
スポンサーサイト
.31 2009 未分類 comment0 trackback0

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://invivochip.blog95.fc2.com/tb.php/52-d01ec47f

プロフィール

前橋太郎

Author:前橋太郎
前橋太郎(まえばし たろう)
某大大学院医歯学総合研究科 寄付講座准教授
日常診療における疑問をベンチで解決することを目指すphysician scientist。スローランとザスパクサツ群馬をこよなく愛する。

最新トラックバック

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。