スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

リオデジャネイロ珍道中記(最終回)

とうとうリオ滞在も最終日となりました。教授と二人で過ごすブラジルの日々ももうすぐ終わります。
フライトは午後8時、かなり時間があります。教授は午後座長なのでまず学会場にいって、それからお昼を食べてゆっくり帰ろうということになりました。しかしまず立ち寄ったのはH.Sternという宝石店でした。皆さんブラジルが世界有数の宝石産出国って知ってました?このH.Sternは確かにリオのどこにでもあるようで、ホテルの中にも代理店が入っていて、日本語のできる店員やパンフレットがおいてありました。お土産にこれがいいと教授がいうので、イパネマにあるショールームに朝早くいってみました。私はティファニーのような陳列台がずらっとならんでいるところを想像していましたが、入ると小さなブースがいっぱいあり、そこで店員と客がなにやら値段交渉をしているのでした。私と教授についたのは若い女の子でたどたどしいけど日本語を使う、日系人でした。神戸で2年研修したといってました。
インペリアルトパーズという宝石が特産らしく、いろいろ見本を持ってきます。しかし値段はどれも「結構」高く、迷っていましたが、私はかみさんとばあちゃんに、教授は奥様、娘さん、お嫁さん(息子さんの)買い、教授は50万近く払ってました。教授が得意の質問「あなたは結婚してるの?」をその店員にして私も店員もドン引きでしたが。。私もここでいっぱい余っていたレアル紙幣を使えばよかったんですが。。結局レアルは余ってしまい、その後アトランタでも、成田でも換金できずとんだお土産になってしまったのです。たいそうな買い物のあとは、H.Sternのクルマで学会場へ。そこで教授から
「昨日、某医療センターの先生が行ったシーフードの店にいこうよ!予約しといて!」というものだから、店の名前を聞くと、「そんなの知らないよ、どっかに書いてあるだろ?まあ探しといて!」といって
去ってしまいました。そこでいろいろガイドブックを探し、かつ昨日その先生が見ていたガイドブックを思い出し、探し当てましたよ!コバカバーナにあるマリウス・クルスタセオス!(Marius Crustaceos).
結局予約もせず、教授の座長の終わるのを待ってタクシーで直行しました。昼間のコバカバーナビーチ沿いの国道は大渋滞!何せ一本しかなくて側道は山越えになるのでそこを行くしかないのです。
学会場から約1時間かけてようやく店に到着。海賊風の店でしたが有名店らしくタクシーもすぐ分かってくれました。シュラスコとシーフードがありましたが昨日しこたまお肉は食べたので、迷わずシーフードへ。しかしやはり生魚はこわくいっさいビュッフェには手をつけず、ウエイターが持ってきてくれるグリルしたものだけ取ってました。教授は「あのいちごがおいしそうだ、一個ぐらいだいじょうだろ?」というので、私はその昔メキシコのカンクンで手ひどい目にあってましたから、「先生、飛行機の中でとんでもないことになっても知りませんよ」となかば脅したらあっさり断念してました。(しかし帰国後、この店のイチゴは名物なのを知り、未だに食べられなかったことを私のせいにしてます;;)セムガスさてブラジルには2種類の水が売っており、炭酸の入った「コムガス」とはいってない「セムガス」があります。これはこのレストランで出てきた「セムガス」です。すこし暑かったのでビールも進み、例によってワインもがんがん飲みました。教授がトイレにたって帰ってくると「前橋、トイレいってみろ、文字通り縮みあがるぞ^^」などと不敵な笑みを浮かべているので早速いってみると、、トイレ
確かに。。。これは凍ってしまいますねww。
さて、何はともあれ何とか帰りのフライトにこぎつけました。しかしリオのラウンジはひどい!まるでたこ部屋。すわるところもなく、PCも使えず困ってました。何とか電源を見つけて、院生ちゃんのゲルシフトをメールでチェック。よし!これならなんとかなりそうだ、とかぶつぶついっていると「お前地球の裏側まで来てメールチェックしてるのか?」と教授の声。なんだかんだいってご自分も「メール見とこうかな?仕事増えちゃうんだよな」とかいって私のマックブックエアーを借りてました。
何回もアメリカにはいってますが、これほどアメリカに着いてほっとしたことはありませんでした。
23時間のフライトの末なんとか、前橋太郎、苦行の旅から帰って来ました。やはり日本はいいね。
まあ教授と1週間一緒にいた経験は後にも先にもこれが最後でしょう。あとはやはりビジネスクラスはすごいね。でももうブラジルはいいかな。。。
スポンサーサイト
.15 2009 未分類 comment0 trackback0

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://invivochip.blog95.fc2.com/tb.php/48-73b95104

プロフィール

前橋太郎

Author:前橋太郎
前橋太郎(まえばし たろう)
某大大学院医歯学総合研究科 寄付講座准教授
日常診療における疑問をベンチで解決することを目指すphysician scientist。スローランとザスパクサツ群馬をこよなく愛する。

最新トラックバック

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。