スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

お彼岸

今日はお彼岸です。下の5歳の娘と一緒にお墓参りに行ってきました。うちのお墓は家から車で約一時間のО市にあります。夏の迎え盆のときは毎年そうなのですが、まさに草茫茫で何しろ汗だくになって約2時間かけてきれいにしました。というのも親の希望で墓石の周りが土だからなのです。また除草剤などを撒くのもひどく嫌っていましたし、私もしたくないので結局「自然」なかたちにしているのですが、夏はほんと埴生の宿をくちずさみたくなるほど激しい草の生え方をします。とはいえ今日はお彼岸、9月も23日。さすがに雑草もひどくないだろう、しかも夏にあれだけ徹底的に抜いたから、と思っていったら、甘かったですね。というか雑草魂っていうんでしょうか、またもやがんがんに生えてました。しかし若干夏と趣が違うのは雑草の背丈です。夏は墓石も隠れるほどの高い草はまさに生い茂るようでしたが、今回は地面に這うような地下茎ばりばりの草たちがびっしり生えてました。娘は保育園の畑の草むしりをよくしているらしく(後で妻に聞いたら「草むしりキング」みたいなのがあってご褒美をもらったこともあるとか)まあ黙々とむしってました。何気に助かっちゃって一緒に連れてってよかったなと思いました。それにしてもだんだん草むしるたびに土も減ってくるし、いつもお墓参りというか草むしりだし、玉砂利でも撒こうかなと本気で考えました。バチ当たらないよね。。。
さて、そんなわけでくたくたになって帰ってきて少しうとうとしてしまったのですが、その娘がなんと「漢字」を書いたと妻が驚いていうので、見ると広告のチラシの裏に、「高田保則」って書いてありました。
誰も教えてないのに自分で見て書いたそうです。しかしながら自分の名前を感じで書く前にヤスの名前を書くなんて、なんてザスパな子供なんだと感心しました(感心するところがちがう!って?)
午前中あれだけ「草」むしったから「草」つながりで思いだしたのかな?
スポンサーサイト
.23 2008 未分類 comment0 trackback0

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://invivochip.blog95.fc2.com/tb.php/33-c7406a88

プロフィール

前橋太郎

Author:前橋太郎
前橋太郎(まえばし たろう)
某大大学院医歯学総合研究科 寄付講座准教授
日常診療における疑問をベンチで解決することを目指すphysician scientist。スローランとザスパクサツ群馬をこよなく愛する。

最新トラックバック

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。