スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

Reject

論文書きに取って最もいやな英単語、、「reject」。先日喰らいました;;でもレビューアーの誤解も多かったので速攻でeditorに手紙を書いて、撤回させ、「revise」にさせました。しかしながらそんなことしないでランク下げてpublishしちゃったほうがいいんじゃないの?って心のなかのイケナイ私がささやきます。うーんどうしよっかな。。でもかなりの手紙書いちゃったから一回は再投稿してみよっかな?
そうかと思うと自分がレビューアーになることもあります。これまたごく最近「nucleic acid research」という雑誌のad hoc reviewerになり、査読したんですが、まあひどいこと、ひどいこと。それでもどこかに光明を見出せないかと救いの気持ちで読んだんですが、だめでしたね。査読15分でreject決定。ボクシングで言えば第一ラウンド一分TKO負けといったところか?これが某先進国の聞いたことある大学からの論文なのでまたびっくり。しかしレビューを送信して不安になるのは、私がすんごい勘違いをしていてとんでもないのは実は私ではないのかという不安なのです。しかしさっき返ってきましたよ。この論文の報告書。もう一人のレビューアーもけちょんけちょんに書いてあってまさにREJECT。何だかホッとしました。昨年もこの雑誌のレビューしたんですが、それもひどい論文でした。あの雑誌ヒト見てレビューまわしてるんじゃないだろうな??
さて英語を書いていたら、中学校のときの記憶がよみがえりました。ある日クラスメートがまじめな顔をして私に聞いたんです。「性格のふぃっち」って関係代名詞?って?そりゃあ日本語だよーって突っ込めばよかったのかな?「そういう使い方はないよ」なんてとぼけた答えをしたら、すごくありがたがってもどっていったんだよね。彼どうしてるかな?
スポンサーサイト
.11 2008 研究 comment0 trackback0

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://invivochip.blog95.fc2.com/tb.php/27-a8174dad

プロフィール

前橋太郎

Author:前橋太郎
前橋太郎(まえばし たろう)
某大大学院医歯学総合研究科 寄付講座准教授
日常診療における疑問をベンチで解決することを目指すphysician scientist。スローランとザスパクサツ群馬をこよなく愛する。

最新トラックバック

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。