スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

J2第38節(最終節)ホーム栃木戦観戦記(いや、一年間のごほうびだよね)

金曜日から降り続いた雨は、土曜の朝も続き、がんがん降りでした。いよいよ今日は一年間の締めくくり、J2最終節でかつホーム最終戦です。先々週あの奇跡の逆転の後半を見そびれたんで、今日はじっくり見て応援したいと思ったのにがん降りでかなり気分が萎えてました。しかし今日は、もし出れば佐田やパッション田中の最終戦。ぜひ力の限り応援したいと思ってました。さらに栃木。。。開幕戦でスコアこそ1-2だったものの、内容では完敗。「栃木ごとき」に完敗したあの屈辱を晴らしたい。。そして勝てば栃木の上を行ってフィニッシュ。しかも一桁。今日はちまたでは、札幌対FC東京戦と岡山対徳島が昇格かかった注目試合なようだけど、私にしてみれば(ザスパサポなら誰でも)天下分け目の戦いだったのです。午前中大学で実験し、出るときはまだかなり雨が。。
111203_1155~01今日は最終戦なのですが、いつものU先生はバイトで来られず、S先生は娘さんのお遊戯会で来られないため指定席でなくバックスタンドに陣取り、午前中の診察を終えて来られるI先生を待つことに。
防寒防水ばっちり対策して、徒歩で敷島へ。雨のせいでかなりヒトは少ない。それに比べて栃木のコアサポはかなり来場し、今シーズン、パウリーニョの負傷までは昇格圏内にいたチームの勢いをサポーターにも感じる。
ザスパはここ9戦負けなしの5勝4分で3連勝中。その好調スタメンをほぼ替えない陣容。杉本が先発起用。先週の愛媛戦のJ初ゴールの気をよくしての2戦連続ゴールを期待したいところ。栃木はロボが先発で、サビア、水沼、来季切られる河原、「自宅暮らしのイリエッティ」こと入江、10番高木、元水戸で大けがした大和田など勘定奉行の金で取って来た豪勢な感じ。
札幌の時と同じく、いつもエンドを交換して試合開始! 最初いきなり、北君がボールをキャッチしそこねてあわやの場面。。ゴールキックも飛ばず、いつもの変な方向に飛んで行く。おいおい北君頼むよー^^その後河原の切り込みに北君スーパーセーブ。このセーブが結果的には大きかったな。ホントに危ないシーンはこの二つと、後半のヘディングシュートくらいしかなかった。ザスパは今日も古林、永田の若いサイドバックが駆け上がり、また中央から熊の大きなサイドチェンジが見られ躍動感にあふれていた。特に永田の出来がよかったのではないか。杉本もやはり先週のゴールで覚醒したかのようにいいうごき、早いプレスと速いチェイスでかなり相手はいやがっていた。前半は互角で終了。なんと雨はほとんど止み、軽く日が射す感じ。照明灯はつくも、開始前よりかなりあかるくなった。後半、I先生、K先生と合流。すると後半6分、涼君とGKが1対1に、シュートするもボールは角度きれて枠外へ。。「おいおいまたかよ涼君頼むよー」と思っていたそのとき、イリエッティがそのボールをトラップ。クリアしそこねたボールはそのままゴールマウスへ。。えっ!ゴーーーール!!いやあこれはでかい。北君のお子さんが生まれたお祝いのゆりかごダンスも出て、試合はこのゴールから完全ザスパペース。その3分後、古林のセンタリングに「立っていただけ」の「いい位置にいた」リンコンがきれいに右足を合わせ、ファインゴール!!こうなるともう「ザスパ祭り」。87分、ボールを受けた杉本が切り込み、シュート!!これは決めたかったがGK弾く!しかしそのこぼれ球を寄せていた萬代が合わせて3点目。ここで副島さんも人情采配。両サイドバックをソータローとパッションに交代。マツはキャプテンマークをソータローに託す。そしてロスタイム、アレックスがDF引き連れて突進。DFの当たりをものともせず、振り抜いたシュートはゴール左上に突き刺さるとどめの4点目!!GKまったく動けず。栃木涙目。近くの人たちとハイタッチの嵐でまさに最終戦は「お祭り」となった。あるサポがロスタイム中に「審判!もう時間だよ!!」と叫んでいたが、私はもう少し、ソータローとパッションのプレーを見ていたかった。そして間もなくタイムアップ。栃木は3人目の交代をしてから3番大久保の負傷退場などがあり不運だったこともあるが、内容はザスパの完勝。思えば震災前の開幕戦で、屈辱の敗北を喫し、その後の栃木の快進撃と昇格圏内の戦いがどれだけうらやましかったことか。。。しかし終わってみればまさかのザスパ9位、栃木10位の大逆転。得失点差も今日の4点で帳消しになってプラスマイナス0に。ほんとに勝負はわからない。「敷島の悲劇」で昇格絶望視されていた札幌がFC東京に勝って昇格し、盟友徳島は格下岡山にまさかの敗北で昇格はつかもうとしてた手からするりと抜け落ちて行ってしまった。そうだ、最後まで気を抜かず、あきらめちゃいけないんだよね。しかしながらこんな気持ちのいい試合は今までにない。思い返せば今年は、開幕戦で栃木ごときに馬鹿にされ、昨年1勝の北九州に完敗し、なでしこ優勝の日にポンコツ鳥取にフルボッコの5点取られ、天皇杯では格下岡山にホームで延長戦負けした年だった。多くの苦渋とすこしの歓喜の混じったシーズンの最後に、最高のパフォーマンスで最高の結果。。。これもきっと神様のごほうびなんだろうなあ。(栃木サポには悪いけど。。)ささやかな幸せを感じながらでも、ユニホームとエンブレムに地域の誇りを感じながら、雨上がりの銀杏並木の道をしみじみ帰りました。多分5-10年後、この試合がこのザスパというクラブ、チームのマイルストーンになったと感じる日が来るのではないかと感じました。それにしてもソータロー、パッションありがとう。今日はゲーフラ持って行ってよかったよ。111203_1454~01111203_1426~01111203_1427~01
これだから、どんなにボロ負けしても、どんなにひどい内容でもサッカー観戦、ザスパのサポートはやめられない。サポーターはこういうささやかな幸せがあるからやっていけるのだ。99.9%失敗しても0.1%の成功に幸せを感じる研究生活と似てるよなあ。。来年のザスパの6位以内を現実味を持って期待したい。

スポンサーサイト
.05 2011 サッカー comment2 trackback0

comment

ザスパ好きのderma
お疲れ様です。
土曜日は本当に最高でしたね。まだ、録画での復習はできていませんが。
来シーズンもお願いします。
ぼくはこれからスキーをがんばります。
2011.12.05 11:24
前橋太郎
I先生、土曜日はお疲れさまでした!ビデオはまず一回通しで見ました。
スギにゴール取らせたかったよね。。。
こちらこそまた来年もよろしくお願いします。スタジアムの改修も楽しみですね。
私は早く50肩を直したいです。。orz
2011.12.05 12:23

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://invivochip.blog95.fc2.com/tb.php/194-9e000c69

プロフィール

前橋太郎

Author:前橋太郎
前橋太郎(まえばし たろう)
某大大学院医歯学総合研究科 寄付講座准教授
日常診療における疑問をベンチで解決することを目指すphysician scientist。スローランとザスパクサツ群馬をこよなく愛する。

最新トラックバック

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。