スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

足利尊氏公マラソンとアウエイ岐阜戦

しばらくでした;;先にも書きましたが、今年のG県民マラソンは締め切りに間に合わず
ハーフマラソンに出られなかったため、13日の足利尊氏公マラソンのハーフにエントリーしました。夏場は結構走ってたんですが、どうやら飲み過ぎで体重が昨年より増加。朝の10km練習ではそこそこのタイムなのですがどうも脚の張りが昨年よりきつい感があり、不安な気持ちでした。11月に入って下の子が持久走大会の練習につきあってくれというので朝は1.8km走に。まあレース前の調整にはいいかと思ってました。いつもは敷島で自転車で行けるので、着るものとか食事のタイミングとかあまり気にしないのですが、今回は足利。どうやって行くかとか、いつ食事とって何を着ていくかなどいろいろ考え、前日は結構緊張していました。
翌朝は5時に起きて5時半出発。シューズはアディゼロのヒールが完全にアウトになってしまったので、レース様のサッカニーに変更。少し大きめなので、私の長い人差し指が当たりません。上武国道から伊勢崎インターに入り、北関東道で一路足利へ。いや北関東道すごい、速い。あっという間に足利に到着。インターからは足利学校を目指して進み、陸上競技場近くの駐車場に案内される。すでに競技場内の駐車場はいっぱいでした。7時に選手登録し、更衣室の用意されている武道館へ。まだ人はまばらで更衣室の柔道場はがらがら。でも畳がうれしかったなあ。十分に柔軟体操してもまだ8時。スタートまで1時間ある。ということで、貴重品預けてスタート地点のあるトラックへ、バックパック背負って移動。開会式をしていましたが、参加者は県民の6割くらいかな。moblog_384a67eb.jpgmoblog_2780b095.jpgmoblog_1d88bd00.jpg
渋井陽子選手と勝俣州和が来ていました。トラックでダッシュやジョグなどを繰り返し、スタートを待つ。さていよいよスタート。ジャージを脱いでランニングと短パンに。衣類はトラック上においといても大丈夫そう(平和な感じです)。県民とちがって発着がトラックなのがうれしいですね。無謀にも1時間から1時間20分の人たちが並ぶ最前列に入り、9時スタート!競技場を抜けて、足利の東へ向かうルート。足利は古い街ですがいい街なんです。結構渋い喫茶店や、飲み屋があったり江戸時代から続く料亭があったり。その昔、研修医1年目と大学院時代にこの街にあるI病院にお世話になりました。実際IVHや挿管、上部内視鏡や大腸のショートファイバー、小外科のナートなどは全部この病院で教わりました。上の先生方が面倒見よく教えてくれて、看護師さんたちとよく飲みに連れて行ってもらいました。その際よく泊まったのが足利ラドンホテル。恐竜が出てくるわけではなく、地下にラドン温泉があったからなのですが、今回ネットで調べてもすでに存在していませんでした。通2丁目には映画館があり、高校生のとき‘ET’を見に行ったことがあります。中学生の時の英検の受験も足利2中だったな。。などと感慨に浸りながら走りましたが、ルートはその「繁華街」とは逆方向。ひたすら寂れた街を見ることになります。それでも至上命題の1時間40分切りを目指して、かなりのハイペースに必死にくっついていきました。5km地点で20分。ここから渡良瀬川の土手に上がり、あとはひたすら川に沿って走る単調なコース。給水所も少なくおいてあるのはスポーツドリンクのみ。これでは頭からかぶったり、脚や腕にかけられず閉口する。でも給水所のお姉ちゃんたちが栃木なまりで「スポーツドリンクですよ~」というので笑ってしまう。10km46分。畑のど真ん中に折り返し点があり、道は狭い。さあこれからだとエンジンをかけようとするもいつもの後半の馬力が出ない。きっと前半飛ばしすぎたせいだ。。15km1時間15分。でもまだ40分切りは狙えるとがんばるも、体はキツくないのにいまいち脚が重い。。結局1時間44分でゴール。。。うーんまたしても40分切りならず、というか昨年よりタイムが落ちている。。まあ初めてのコースということで納得するかな。
まあ全体としてほのぼのした大会でした。景品もタオル一本でTシャツもなく。。
来年また来てもいいかな?


さてその後は高速飛ばしてあっという間に帰宅。アウエイ岐阜戦をスカx-観戦。
内容は岐阜の方がいいサッカーをしていたと思ったし、何回も押谷に決定機を作られるも北君の好セーブやシュートの精度の無さに助けられた。そこで中村の渾身ヘッド!今年の終盤のザスパはセットプレーからの得点が非常に多い。そういった面では長身の選手を補強した甲斐があったか?何しろこの1勝は大きい。これで3位アップの10位。次はホーム札幌戦。残り3試合負けなしでいけるか?(札幌戦チケット30枚ももらっちゃったんだけど。。どうしよ)

スポンサーサイト
.21 2011 ランニング comment0 trackback0

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://invivochip.blog95.fc2.com/tb.php/190-953b08b9

プロフィール

前橋太郎

Author:前橋太郎
前橋太郎(まえばし たろう)
某大大学院医歯学総合研究科 寄付講座准教授
日常診療における疑問をベンチで解決することを目指すphysician scientist。スローランとザスパクサツ群馬をこよなく愛する。

最新トラックバック

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。