スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

J2第34節ホーム富山戦とザスパプレミアムパーティー

11月3日は県民マラソンだったのですが、今年は締め切り1ヶ月前にハーフマラソンが締め切られてしまい(昨年は締め切り当日でも大丈夫だったのに!)
5年ぶりにハーフに出られなくなってしまいました。そのかわり4.2195kmのリバーサイドジョギングに下の子と出ることにしました。かなりゆるーいランニングでしたが、子供と一緒に走れてよかったです。まあこういう年もアリかなって感じでした。さてその後すぐさま大学にもどり、某大学の先生に頼まれていたゲルシフト(他人の実験してる暇ないんだけどね。。)をやりました。
しかし4日にdevelopしたところ結構きれいに出て休日返上で(というか現在は休日しか実験できない)やった甲斐がありました。翌日5日は東京で研究会。実験依頼主の先生とお会いする予定でしたが、すれ違いになってしまい残念。しかしその晩、高校の同級生2人と銀座コリドー街で1年振りに会って飲んで
元気をもらいました。我々の目標は文○春秋の同級生交歓」に出ることですが、私が一番社会的にショボいんで恥ずかしい限りです。もうすこしがんばらないとね、四捨五入で50で助教ですから。ちなみにその後曙橋までタクシーを飛ばし、叔母夫婦のやってるラーメン屋に。なかなか行く機会がなかったのでよかったです。あっさりしたおいしいラーメンでした。みなさんもよかったら「江戸川ラーメン 角久、曙橋店」に一度どうぞ。

少し飲み過ぎましたが6日はいよいよホーム富山戦。カターレは現在16位だが、苔口、朝日などのアタッカーと元甲府の大西などのテクニシャンがいて、結構難敵。朝早く東京を出て、大学で軽く実験してからスタジアムに向かいました。それまで何とかもっていた天気が急に雨。それも結構降って来て試合開始時には本降り。久しぶりにU先生と観戦するも天気は大荒れ。そこにI先生、K先生も参戦。雨の降りしきる中、懸命に応援。前半は明らかにザスパのペース。特に山田晃平のシュートは完全入ったと思ってU先生と飛び上がって喜ぶもなんとサイドネット。決定機は何度もあったが、決めきれず、時に富山のカウンターにあい、ひやっとする場面も。後半は驚くほど脚が止まり、ボールへの寄せも甘いため、セカンドボールをほとんど拾われる状態。ほとんど試合を富山に支配される。萬代、リンコン、星野を投入するも機能せず。無念のスコアレスドローでタイムアップ。韓国人の14番にもずいぶん切り込まれたなあ。多分ザスパサポならかなりの人々が思っただろうが、コバショーは右サイドを果敢に攻めるも、永田君はいまいち元気が足りない。富山の10番苔口には何度も振り切られそうになった。ボールウオッチャーになることもあり、結構最近相手チームが左サイドを狙って攻撃して来ている気がする。
まあなによりこんな雨の中で負け試合を食らわないでよかったが、疲れだけが残りましたね。

そしてその夕方、年間指定席シート購入者のみ対象のトップチーム選手との食事会、プレミアムパーティーが、M市商工会議所会館でありました。最初は出席しないつもりでしたが、クラブから家までお誘いの電話が来たので、一人でしたが参加して来ました。今回初めての試みとのことで、主催者もこちらも緊張した様子でした。参加者は少なく26名。各テーブルに選手が数人来て、一緒に食事するといったもので、サインしてもらったり、写真とったり、話ししたりして結構意外に楽しかったです。P1000927.jpgP1000928.jpgP1000930.jpgP1000936.jpgP1000937.jpgP1000938.jpg

しかし、全く食べる時間がなかったので、次回からは検討の余地ありかな。写真にはビールが映ってますが、選手はいっさいアルコールは口にしてないので(私も)、念のため。また大抽選会も26名しかいないんだから、何か景品用意してはずれなしにすればいいものを、思いっきり何ももらえず微妙な気分でした。まあ総じては楽しく、選手の意外な一面も見受けられていい企画だと思うし、ぜひ来年も参加したいと思いました。しかしちょっと違和感を感じたのは、あまりに選手同士が仲がよさそうで、楽しそうに見えたこと。シーズン途中なんでもう少し緊張感があってもいいかなと感じました。もちろんファンサービスだったのでしょうが。そんななか杉本はきりっとした面持ちでよかったです。残り試合で「番長」にゴール決めてほしいものです。山田晃平に「あのシュートは惜しかったね」と話したら、「あれは決めないとだめです、クマさんに叱られてます」といい、熊林はそれを聞いて憮然としていたのが
面白かったな。あのクマの厳しさはチームに必要と感じました。きっとコーヘーも次はきめてくれるでしょう。

そんなこんなで今年も残り4試合。4連勝してくれないかな。。天皇杯もないし。

スポンサーサイト
.08 2011 サッカー comment0 trackback0

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://invivochip.blog95.fc2.com/tb.php/188-c03cba0d

プロフィール

前橋太郎

Author:前橋太郎
前橋太郎(まえばし たろう)
某大大学院医歯学総合研究科 寄付講座准教授
日常診療における疑問をベンチで解決することを目指すphysician scientist。スローランとザスパクサツ群馬をこよなく愛する。

最新トラックバック

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。