スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

ボストン学会記(2)

やはり朝早く目が覚めてしまうんですよね、でもいい天気。ついつい走りたくなります。重い荷物に入れてきたシューズとウエアを着込んで、まだちょっと肌寒い街に出て行きます。まずはパブリックガーデンへいき、スワンボートを見ながらチャールズリバー沿いへ。スワンボート(6月4日)チャールズリバー(6月4日)アーサーフィールダーブリッジを渡り、チャールズリバー(6月4日)2チャールズリバー(6月4日)3ハーバードブリッジをわたって、ストロードライブ側からメモリアルドライブ側へ移る。チャールズリバー(6月4日)4チャールズ駅からビーコンヒルに戻ってホテルへチャールズリバー(6月4日)5ハーバードブリッジとシットゴビーコンヒルホテルプラザ
気持ちのいいジョギングでした。おそらく5km程度。

シャワーをあびて、8時30分、Sさんとお会いする時間です。
いやあほんと久しぶり。このSさん、私と同時期にここボストンにいて、家族で仲良くしていた方で研究一筋にずっとアメリカでがんばってらっしゃるのです。頭が下がります。さてSさんのミニバンで学会場のコンベンションセンター(昔はハイネスしかなかったんですが、いまはウオーターフロントにあります、シルバーラインという地下鉄(地下バス?)もできました)。へつれて行っていただき、貼る物貼ってきました。いいでしょこれ?布なんですよ。留学生のも貼って、発表終了!(あれ?)P1000743_convert_20110611063728.jpg
ここで院生ちゃんとはしばし別れて、Sさんち一家と行動。、だけどその前にいったんスターバックスで休憩。なつかしい道ばかりです。コストコにもつれてっていただきました。週末はよくここでガロンの牛乳とか、水とか買いました。
コストコ(衣類)コストコ2コストコクロワッサン
このスケールの大きさに圧倒されますよね。このクロワッサンもよく買いました。まだ相変わらず売ってるんですね。でぶのもと。
次に行ったのは日本語学校。そこでSさんの奥さん、お嬢さん(うちの長女と同い年ですが、すごくティーン!バイリンガルだしね)と合流。わあ、ほんとに11年ぶりです。Panera Breadで昼食をとる。お次はI-95を南に行って、レンサムのアウトレットへ。レンサムアウトレットレンサムアウトレット2いや前回2006年も連れてきてもらったんですが、広いの何のってすごいです。チョコレートのLindtのアウトレットもあり、お土産買い捲り。私はペンギンのアウトレットでネクタイと帽子のアウトレット(Lids)でレッドソックスの帽子(明日の試合観戦にむけて、もってくればよかったんだけど)を買いました。
その後、Sさんちの近くのNeedamへ。書店へ連れて行ってもらいました。NewEngland Mobile Book Fair.ここも住んでたころは何回か行きました。ペーパーバックがところ狭しと並んでいる書店ですが、なぜか昔のM市のカンコ堂を思い出します。ニューイングランドモバイルブックフェア村上春樹も売ってました。その後、夕食はS家御用達のSkip Jackへ。スキップジャックミネストローネこのピリ辛シーフードミネストローネが絶品でした。Sさん、すみません、散財おかけしました。そしてSさんちに寄らせていただいて、しばし歓談。ほんとに自然が豊かでのんびりしてます。でも娘さんがいうにはネットいじめとか日本でもあるような陰湿ないじめもあるとか。。いやほんと言葉が問題なくて、お金があったらアメリカはいいなあ。
楽しい時間もあっという間に過ぎて、Sさんにホテルまで送ってきていただきました。ああなんていいご家族なんだろう、それに比べて、、おっとそれは言わない約束だぜ。
ホテルに帰ってきてふとわれに帰り、あれそういえば一人でボストンルネッサンスハーバーフロントの受賞ディナー(院生ちゃんは日本ではとれなかった若手奨励賞をアメリカでもらった!、これも某先生にそんなのかんけーねえっていわれたけどね)に行かせた院生ちゃんは無事だっただろうか?部屋に電話するとあっさり大丈夫だったみたいで、改めて院生ちゃんの度胸に感心する。ちょっと飲みいくかといったバーはsnakeなんとかで、まあうるさいのなんのって、ちょうどスタンレーカップだったんですね、そのときはブルーインズが負けてたんですが、なんとその後まさかの大逆転で優勝!なんだかこちらもうれしくなりました。よかったねトニー。
それにしてもSさんの研究に対する本気度には圧倒されました。がたがた言わずに実験しよう!論文書こう!たとえそれが誰かと刺し違えることになろうとも。こうして二日目が終了しました。

スポンサーサイト
.04 2011 未分類 comment0 trackback0

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://invivochip.blog95.fc2.com/tb.php/171-cbba13cf

プロフィール

前橋太郎

Author:前橋太郎
前橋太郎(まえばし たろう)
某大大学院医歯学総合研究科 寄付講座准教授
日常診療における疑問をベンチで解決することを目指すphysician scientist。スローランとザスパクサツ群馬をこよなく愛する。

最新トラックバック

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。