スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

桜井大介主審とJリーグ規律委員会に抗議する。

私は知りませんでした。副島監督が昨日の富山戦の「後」に退席処分を受けていたということを。ブログ書いたあとにJ'goalで知りました。うわさによると、ロスタイム2分の表示を桜井大介主審が実際には7分取ったということと、終了間際の富山のフリーキックをザスパ側のファールだとして、一回打ったあとやりなおしさせたことに激高して抗議し退席になったとのこと。確かに最初からかなりおかしい試合だった。まあ私はザスパに肩もっているわけだが、前半のラフィーニャの幻のゴールだって、どこがファールなのかわからない。またロスタイム2分の表示でさすがに7分はない。ひどい負傷者がいたわけでもないし。またFKのやりなおしが打ったあとかなり経ってからあるのも妙だ。さらに後半の7分のロスタイムで、出たイエローは御厨とラフィーニャともにその試合で得点した選手だ。単なる偶然なんだと思いたい。もちろん経験豊富な桜井大介主審には正当な考えがあってのジャッジだったのだろうが、見ている方、特に私のような素人には理解しがたい。今日Jリーグ規律委員会から副島さんの処分が出ていたが、いつものように次節出場停止の理由は「主審、副審の判定に対する執拗な抗議」によるものとある。いつもながら思うのだがこれは退席の段階で自動的に決まるのだろうが、これではまったく実際どんな抗議がなされたのか不明だ。野球や大相撲ではちゃんと主審や行司から詳しい説明がある。サッカーではそれがない。どう見たっておかしいことに、まあ言い方は悪かったのかもしれないが抗議することに、しかも試合終了後に退席処分にするというのは、傍から見ると「おれのいうことを聞けないやつは懲らしめる」という子供じみてあまりに稚拙でプロ意識に欠ける「行為」ではないだろうか?言っておくが今回は負け惜しみじゃない、ザスパは劇的勝利を収めたのだから。これで桜井大介主審は何も問われないのだろうか?観衆のかなりの人たちがおかしいと思うジャッジにJリーグも説明はないのか?Jリーグは地域に根ざし、サポーターとよりよい社会を共有するのじゃないのか?これに限らずJリーグの試合はJ1,J2問わず不可解なジャッジがいっぱいある。審判だって人だからミスジャッジもあるだろう、でもだったら説明したり訂正したりすればいいではないか?こういう点でファンを無視しつづけるJリーグのお偉いさんの姿勢にその品格を疑う。もう一度言う桜井大介主審は昨日のゲームの種々の判定と試合後の副島監督の退席処分に責任説明が道義的にある。
スポンサーサイト
.16 2010 サッカー comment4 trackback0

comment

ざすっぱ
もう一つ重要な間違い、濱野選手のイエロー2枚目退場をなんと他の人にイエローを出していた。桜井主審は今年2試合目ですが、これで今年は謹慎してもらいましょう。第2の家本誕生ですね。
2010.08.17 05:41
前橋太郎
ざすっぱさま、
コメントありがとうございます。
濱野選手の件は気づきませんでした。ほんとに困ったものですね。
審判技術が向上しないと選手の技術も上がりません。
クラブには正式に抗議してほしいと思います。
2010.08.17 13:06
ザスパ好きのderma
お疲れ様です。
審判へ不平・不満は常にありますが、私は子供の手前審判の批判はしないことにしています。
子供には審判の判定に文句を言わず、がむしゃらにサッカーをしろと常日頃いっています。審判はゲームをするうえで一番偉い?わけで判定はくつがえることはほとんどありませんから。
誤審を含めゲームなんだと思います。
レフリングは運だと思います。
偉そうなことを言ってすみません。
本当はハラワタ煮えくり返っているんですが・・・
2010.08.18 00:45
前橋太郎
コメントありがとうございます。
先生のおっしゃるとおり、私も試合中審判に野次飛ばしたりしても
何にもならないし、かえってチームのためにならないと思っています。
(できてない?^^)しかし今回はまったく理由が不明でしたので
迷いましたがあえてブログにアップしました。ヒトの悪口言わないのが
このブログの信条だと思っているので、かなり抵抗感もあったんですが、
この点斟酌ください。
2010.08.18 08:33

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://invivochip.blog95.fc2.com/tb.php/135-e5aa486d

プロフィール

前橋太郎

Author:前橋太郎
前橋太郎(まえばし たろう)
某大大学院医歯学総合研究科 寄付講座准教授
日常診療における疑問をベンチで解決することを目指すphysician scientist。スローランとザスパクサツ群馬をこよなく愛する。

最新トラックバック

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。