スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

中国製キットにご用心。。

いやね、もうね、疲れました。せっかく3ヶ月間、患者さんの血清集めたんですよ。50人も。それでそこから40人分使って、あるものを測ろうとしたんですが、ELISAのキットがなかなか無くてね。。でも見つけたんですよ!世界で唯一つそのものを測れるキットを!(文献はないんですが;;)でもそれは中国製だったんです。取説も中国語で書いてあって、、もちろん英語でも書いてあるんですが。。満を持して、今日外来終わってから期待をもって5時間も
かけてアッセイしたのに、、、スタンダードさえ出なかった。。。ああ信じた私が悪いのか?だましたキットが悪いのか、それとも私の測り方が悪いのか。。でもコントロールも出ないっておかしくないですか?!このキット価格15万円ですよ~!だめだとは思いますが一応返金交渉してみます。アメリカ仕込の「アコギ道」全開でとったるぜ!!なーんてほんとぐったりです。もう寝ます。
スポンサーサイト
.08 2010 研究 comment0 trackback0

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://invivochip.blog95.fc2.com/tb.php/125-a5ba4ae5

プロフィール

前橋太郎

Author:前橋太郎
前橋太郎(まえばし たろう)
某大大学院医歯学総合研究科 寄付講座准教授
日常診療における疑問をベンチで解決することを目指すphysician scientist。スローランとザスパクサツ群馬をこよなく愛する。

最新トラックバック

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。