スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

最近のランニングと読書事情

気分が乗ってきたついでに調子付いて更新しますと、書いてみたいのはランニングと読書事情ですかね。
多分みなさん、前橋太郎の月間100km走破は続いているのか?!とご心配でしょうが(そんなヤツはいねーよww)、実は記録は昨年12月で途切れました(泣、っていうかそれじゃ落ちにならないじゃん。。)。というのも11月に毎週20km以上走って、100km越えしたら(計5回20kmを走ったということです)右ひざがいたくなってしまい、その後5kmとか10kmとか走ると走れるんですが痛みが遷延していたのです。ランニングを長くやってる先輩に相談したら、痛くても走れるとかいって無理して走ってると、本当にひざが壊れるから完全休養しろというアドバイスを頂いたので12月31日まで休みました(その実際は飲み会が多くて翌朝起きられなかったせいですが)。そして走り納めとして大晦日に20km走ったのですが、2時間弱のスローペースでしたがひざは痛くならず、どうやら完治したようです。今年は3日から走りだしました。現在も痛くなく調子よいです。朝は5時だとまだ真っ暗ですが、何とか今月は100km走りたいですね。
読書は東野圭吾にはまりました、「新参者(これは実験的な作品だ)」、「容疑者Xの献身(古いか)」、「赤い指(加賀恭一郎はすごいね)」どれも面白いですね。
うちの院生ちゃんが「手紙」を貸してくれて、「読むとまじでうつになりますよ」といってたのでちょっとビビッて読んでましたが、逆に感動したし、東野圭吾は現代の松本清張ではないか!と思ってしまいました(書店で流れていたPVでのヒロスエがかわいくてついつい「ゼロの焦点」も買って読んでしまいました)。
あとは内田樹の「日本辺境論」。昨年末も「こんな日本でよかったね」「昭和のエートス」を読みましたが、
このベストセラー(この言葉に弱いんだよね。。)には考えさせられました。いい本ですが、ちょっと三島っぽいかな。
スポンサーサイト
.09 2010 ランニング comment0 trackback0

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://invivochip.blog95.fc2.com/tb.php/104-93b19c14

プロフィール

前橋太郎

Author:前橋太郎
前橋太郎(まえばし たろう)
某大大学院医歯学総合研究科 寄付講座准教授
日常診療における疑問をベンチで解決することを目指すphysician scientist。スローランとザスパクサツ群馬をこよなく愛する。

最新トラックバック

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。