スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

やはりスポーツは感動を呼ぶ

いろいろな激動のあるこのごろですが、自分の身の周りの激戦はいったんの終息を迎え、何だか微妙な雰囲気が流れています。落胆と同時に訪れたのは、そこはかとない安堵感。もう無益な殺生をしなくていいという安心感です。
さて話は替わりますが、私、中学で軟式テニス(いまはソフトテニスというらしいですね)をしていて、結構のめり込んでました。当時ペアを組んでた友達と練習交換日誌をつけたり、新しい練習法を編み出そうと、廃材を集めて来たり。。高校でも続けようかと思ったのですが、うちの高校は軟式テニスが結構強くて、見学で見に行った練習が激しかったのと、担任が部活は勉強の支障になるといって入部をやめた経緯があります(結局やってても変わんなかったという声もありますが(笑))。その数年後、大学では遠距離自家用車通学だったので、練習日の回数と、時間の少なさで卓球を選びました。サッカーじゃないんですよ(また笑)。これまたかなりのめり込みました。「卓球レポート」を定期購読し、M橋卓球センターに入り浸り、内科か外科か迷ったときもM卓のおばちゃんが「前橋君は外科じゃないよ」と言われた一言が決定打となったくらいです。まあ結局卓球はうまくならなかったですがね。。(運動は苦手なんです)。そのころから全日本卓球を毎年見るようになりましたが、当時は斉藤清、宮崎剛仁選手、松下兄弟の活躍した時代で、女子では同郷で同じ年の星野美香選手などがチャンピオンで活躍してました。そして卒後約20年。いつのまにかルールが変わってて21点制から11点制になり、スーパーチャックは違反となってました。それでも全日本は毎年見てましたが、ここ近年のスーパー選手は男子の水谷隼選手ですね。まさに世界レベル。サウスポーで変化の強いサービスを出す技巧派。全日本も5連覇中。その前の日、福原愛ちゃんが初めて全日本を取ったということで、ビデオに取らなかった私は非常に後悔しました。そこで今日の男子決勝は録画予約しておいたわけです。用事をすませ、10km走ったあと、録画再生したところ、水谷の相手は高校3年生の吉村真晴君。夏のインターハイではベスト4でしたが、世界ジュニアでは中国勢を破ってベスト4に入るなど成長著しい選手。それでも水谷は負けたことないそうで試合前のインタビューでも4-0で勝つ宣言。一方吉村はここまで来たから全力で向かう宣言と好対照でした。はっきり言って見るまえはがっかりしてました、水谷の一方的な勝利で30分くらいで終わってしまうんじゃないかと思ったからです。しかし試合が始まると考えが一変しました。吉村は長身で、リーチが長くしかも、フォアもバックも大きく振れる。大きい選手のよく見られる少し、台から下がったドライブ攻撃をするかと思いきや、急に前陣に出て来て踏み込んだスマッシュを打つ。サーブも水谷顔負けの多彩さで、水谷を翻弄する。しかし水谷もさすが6連覇のかかった試合、セットカウント0-2から追いつき、フルセットで最終7セット目に突入。この時点でここ数年の中でもかなり名勝負となってました。
のびのびとプレーしていた吉村も7-7から痛恨のサーブミス。このあと10-7とした水谷が勝負を決めて6連覇と誰もが思ったでしょう。しかしなんとなんとそこから吉村5連続得点で、まさかの初優勝!
すごい試合でした。すばらしいラリーでした。何と言ってもあの世界の水谷が日本選手にこんなに苦戦するのをみたことがありませんでした。若い力はすごいです。伸ばしてやらないといけません。若い力をどんどん出さないと世界に勝てないでしょう。感動しました。
ところで、うちの愚娘、小学校のときに無謀にも中学受験し、1勝9敗。結局公立に進んだのですが、どうしてもある学校に入りたいと高校受験に挑戦し、中学のとき3回(3回募集の試験がありました)落ちたその学校に今日
合格しました。親バカながらここ数ヶ月のがんばりは目をみはるものがありました。発表は午後3時。マクドナルドで朝倉の原稿書いてたんですが、2時半にはまったく集中できなくなり、車で待機。知らせを妻から受けた時はまじめに感動しました。私ももっとがんばらないとです。若い力はすごいです。最後はちょっと親バカですね、すみません;;
スポンサーサイト
.22 2012 未分類 comment0 trackback0
 HOME 

プロフィール

前橋太郎

Author:前橋太郎
前橋太郎(まえばし たろう)
某大大学院医歯学総合研究科 寄付講座准教授
日常診療における疑問をベンチで解決することを目指すphysician scientist。スローランとザスパクサツ群馬をこよなく愛する。

最新トラックバック

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。