スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

歓喜と絶望の一日

7月18日、海の日、うちの妹の誕生日。。。今年の今日はすごい一日でした。
まずはなでしこJAPAN,ほんとに女性は強いですね、あれだけ体格差と走力の違いがあって、かつ2回リードされながらの勝利。確かに内容はアメリカが上だったかもしれませんが、勝利という結果がすべてです。朝早くから起きて(実際は前半35分から)本当によかった。感動しました。おめでとう!なでしこジャパンそして日本女子サッカーに携わるすべての方々。はっきり言って、アメリカ10番のワンバック選手の炸裂ヘッドが決まったときは、まず負けだなと思いました。でもほんとに澤選手はすごい。。そして海堀、神セーブでした。2005年の男子アジアカップ、準々決勝日本対ヨルダン戦以来の感動です。


そして夜。。夕立も来ようかという黒ずんだ空のなか、かなり気温も下がって一服の涼を取ったような形の中、
ザスパ対ガイナーレ鳥取の試合がホーム敷島でありました。観客は3連休の最後の日で、まばらでしたが未だに朝のなでしこの興奮冷めやらぬといった感じの観客が試合前なでしこねたで盛り上がってました。そしてキックオフ。結果はもう書きたくありません。ちゃんと準備のできてない選手は出ないでほしい。2005年シーズンでもあんな惨めな試合はなかった。なんて運動量が少ないんだ!クマが「みんなもっと動けよ!」と叫ぶほど。
ザスパイレブンはなでしこ見なかったの?プロとして恥ずかしい。。

朝に超一流のフレンチを頂いて、夜に腐ったカエルでも食わされた、まさに天国と地獄の一日であった。
本日の試合はホーム戦では最悪だ。昨年の天皇杯の北九州戦を大きく超え、2006年の愛媛戦2-5を
かるくいなすひどさ。31日の鳥栖戦に行くかどうかはまだ微妙だ。

「今日はなでしこしか見なかった」、日記にはそう書いておこう。。。
スポンサーサイト
.19 2011 サッカー comment0 trackback0
 HOME 

プロフィール

前橋太郎

Author:前橋太郎
前橋太郎(まえばし たろう)
某大大学院医歯学総合研究科 寄付講座准教授
日常診療における疑問をベンチで解決することを目指すphysician scientist。スローランとザスパクサツ群馬をこよなく愛する。

最新トラックバック

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。