スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

祝!今期3勝目、連敗ストップ、FC東京に初勝利!

いつの間にかすっかり夏らしくなってきた今日この頃、皆さんいかがお過ごしでしょうか?Jリーグ再開した時は、「サッカーを見られるだけで幸せ」とか思っていましたが、再開後連勝したりすると、ついつい欲が出るのが人情。4日の札幌戦は家元光臨とまぼろしゴール判定で、ついてるなあ!と思った矢先のロスタイム敗戦。。。
8日はホーム岡山戦でしたが、年に一回の叔父とのゴルフで行けず。前半終了時に携帯で確認したところ1-0で勝っていて、気持ちよく午後のハーフ回って、ハーフ自己新スコアに喜びつつ携帯の前画面を更新したとこる、顔面凍りついた次第です。ビデオも得点(被弾も)シーンしか見ませんでしたが、聞くところによると相手の外人のラフプレーが酷かったとか。。。中村も20針も縫う大怪我をしたとかで、実際に見に行っていたら怒りに震えていたことでしょう。その点、ペガサスは強い。2日の飲み会でボランティアチームドクターのK先生に誘われ、初めてT市城南球場に行き、観戦しましたが、めった打ちで大勝!でもこれだけしょっちゅう勝つと、うちのザスパみたいに勝ったときの喜びが少ないよな、などと毒ついたものです。さて、前置きが長くなりました。実は8日にゴルフ場で左足首を捻挫した私、先週はなるべく安静を努めましたが、限界。MK病院外来終了後、まず10km走って来ました。夏日できつかったですが、アンダーアーマーのインナーを着て気持ちよく走れました(今日は足痛再燃です;;)。さて今日はいよいよホームで強豪FC東京戦。H病院の師長さんにチケットを頂いたので、いろいろ誘って見たのですが、なかなかみなさんお忙しく、またプレシーズンマッチに誘ったNsさんたちはまた同じ相手じゃどうかなと思い、今回は子供の送りもあってキックオフぎりぎりになることもあって、今期初の自分の指定席で見ることにしました。でもさすがに一人はさびしいと、総合診療部のS先生(指定席ホルダー)にメールして一緒に応援することにしたのです。しかし、一つ危惧が。それはS席はホーム、アウエイごちゃ混ぜなので、自分の席のとなりが指定席でザスパサポが所有していないと、アウエイのサポが入り込んでくることがあるのです!。これは非常にやりにくい。一昨年、やはり札幌戦でとなりがコンササポで、こっちがホームなのにこのときは相手が大勝したために非常にみじめな思いをしたのです。クラブに抗議しましたが、何の方策もなかったので、昨年はS席買わなかったのですが、今年は寄付だと思って買ったわけです。しかもいつもいる野次オヤジ集団を避ける形で。

高田の着ていたアウエイ用ユニの上に2年前の半そでレプユニを着込んで、ザスパカップも忘れず搭載し、自宅を出発。赤青サポがバックにも芝生にもギッシリ。ありがたいことですが、これじゃ完全にジャックされてます。
お約束のザスパカップでビールを買い、いつものゲートから入ろうとしたら、再入場専用で入れないとか!
マラソンゲートのほうの入場口に行くと、ザスパサポ、青赤サポ入り乱れて長蛇の列が出来てました。これは何とかすべきじゃないかな。。特にシーズンチケットホルダーには、専用入り口作るとかしないと、インセンティブがないよね。
並んでいたら、S先生登場。先生と私の席は結構はなれていることを確認。入ってみたら、上のボックス席に植木さんと武尾前社長が並んで座っていたので会釈。武尾さんがやめたということは、J毛新聞社はザスパから撤退なのか?FM群馬のS君の姿も。。また非常にピッチが見やすい。たまにはS席でもいいかなと思うや否や、隣は赤青サポ。とりあえずキックオフまで様子見て、空いてる席に移動することに。
いよいよキックオフ。今日の2トップはラフィとアレックス、萬代は控え。負傷の中村の代役は「ミスタークレバー」有薗。FC東京は平山が負傷で出られず。しかし巨大戦力であることに変わりはない。
序盤ザスパの左サイドを何度も破られる展開。石川と見間違える11鈴木達也とか、33番39番が駆け上がってくる。しかし今日は守備がしっかりしていた、北君もジャイアント馬場風はかわらなかったが、ちょっといつもより機敏。席が空いたということでS先生とがら空きエリアに二人で移動。28分、マツが相手を倒したということでPK献上。しかし実際はビデオで見ると、マツは触ってもいないひどい「シミュレーション」であったことが判明。しかし岡部主審のおっしゃることがすべてなので、仕方ない。
あっさり、1点献上。喜んでわっしょいわっしょいする赤青サポ、正直むかついた。

席移動しておいてよかった。ほんと喧嘩になるよ。指定席はボックス指定にして、ホームアウエイ分けとけばいいんだよ。こんなにがら空きエリアがあるんだから。乱闘起こっても知らないよ(ってお前が一番危ないって?!)

このまま2年前の札幌戦のときのようにずるずるいくかと思った、31分、マツ、クマとつながり、クマの絶妙なスルーパスにラフィが直接シュート!きれいにゴール左隅に決まり、ゴーーーール!!いやあ気持ちいい!!
シャウトしまくり!すみません、FC東京サポさんたち、あなた方に恨みはないんです、でも近くに居られるとついつい対抗意識がわいてしまって(必要以上に;;)。お子さんたちも引いてましたね、ほんとすみません。

このまま前半終了。いい試合だ、でも巨大艦隊FC東京がこれで済むはずがない。
と思い、カップもってまたビールに、トントン串も購入、地産地消だよね!

後半は風上に立ったザスパ、やはり風上のほうがやりやすそうに見えた。そして悲劇は訪れる。。。
20分に電話が、病棟から、全く聞こえないのでコンコースに行って受信。ICUに入室希望のある、他院の患者さん、、ふむふむではこれこれこうして、と連絡。その間、なにやら大歓声が!電話を終えて階段上がると、電光掲示板にザスパーFC東京2-1の表示が!おお逆転だ!!っておれゴール見てないし(泣)。うしろから誰ともなく「せっかくきれいなゴールだったのに残念だね」と。誰かおれのことを知ってるやつがいるな?まあしかたないんです、今年は病棟なんで、見に来られただけでも幸せなんです、、ってFC東京に2点てすごくないか??
高松の負傷もあり、ロスタイムは5分を覚悟していたら、3分。そして歓喜のタイムアップ!!!

S先生は寡黙な方ですが、さすがによろこびを分かち合いました!

いやあ気持ちいい、気分いい!ラフィこのまま爆発してくれよ!リンコン戻ってくれば。。もうわくわくしちゃうよね。
まあでも札幌、岡山から勝ち点とれないチームであることも事実、実力はこのあとの富山戦でしっかり勝てるかだろう。
それにしてもFC東京はどうしちゃったんだろう、はっきり言って個々の力はザスパの選手より上なのは明白だ、しろうとの私にも分かる。しかし全く脅威に感じなかった。チームとしての脅威がないのだ。きっと来年は昇格
しているだろうが、その道のりは険しそうだと感じた。

自宅でビデオ、アフターゲームショーともに百万回くらい再生して決勝ゴール見まくったことは言うまでもない。

がんばれザスパ!昇格は夢ではない。どうしてザスパがJ1にいっちゃいけないことがあるんだろう?
.15 2011 サッカー comment2 trackback0
 HOME 

プロフィール

前橋太郎

Author:前橋太郎
前橋太郎(まえばし たろう)
某大大学院医歯学総合研究科 寄付講座准教授
日常診療における疑問をベンチで解決することを目指すphysician scientist。スローランとザスパクサツ群馬をこよなく愛する。

最新トラックバック

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。