スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

だるま食堂のこと

平日の大学当直の時は、夕食に南病棟レストランを利用する。19時30分まで営業していて、19時頃行くとがらがらだが、当直者とわかると、コーヒーをおまけにつけてくれたり心遣いがうれしい。さて先日当直したときに、上州豚のトンカツ定食を注文した。値段880円。食べながらふと昔のことを思い出した。
昭和50年、福岡市東区香椎花園前に住んでいた私の家族は、父の胃がん再発という悲劇に見舞われた。父の故郷のG県に新しく県立がんセンターが出来るということで、そこでの治療目的に一家はG県O市に引っ越して来た。新幹線が東京博多間を結んで間もないころで、ちょうどその年、「赤ヘル軍団」の広島東洋カープがセリーグ初優勝し、通りかかった広島駅は赤一色だったのを覚えている。当時小学校3年生。いまのうちの下の子と同じ年だ。福岡に比べ、O市は寂しく、暗いイメージだった。初めて冷凍のマグロを食べて、福岡で食べていたマグロとあまりに違うので驚いた。当時はまだ関越道もなく、新鮮な魚介類が内陸のO市には入りにくかったのかもしれない。私は肥満児だったので運動も不得手で、新しいクラスではよくいじめられた。言葉も私は九州弁でなまってたのでなかなかみんなとなじめなかった。母は父の看病で疲れきっていたし、妹はまだ4歳だったので小さく手がかかった。そんな状況だったので、母はしばしば3人の夕食を作る気力を失っていた。今ならコンビニや弁当屋などまず食うに困ることはないが当時の食事の用意は一苦労だ。
そんなとき、家の前の八瀬川つたいに親子3人で歩いてよくだるま食堂へ行った。だるま食堂は総合O病院のすぐそばにあり八瀬川のたもとにある伝統的な大衆食堂だ。そこの主人が当時のNHKのど自慢の司会、金子アナウンサーによく似ていて、私は密かに「金子さん」と呼んでいた。しかしそれが災いして「金子食堂」といい間違え、冷や汗をかいたことがある。
いまでこそ八瀬川沿いは整備されライトアップされたりして、春には桜の名所となっているようだが、当時は街灯もあまりなく暗い道だった。夜のだるま食堂にはほとんど客はなく、我々親子3人だけのことが多かった。そこで、食いしん坊の太っちょだった私がいつも頼んだのが、ヒレカツ定食。だるま食堂の最も高いメニューで720円。うちが大変なことは薄々わかっていたが、食い意地のほうが増していた。
36年経って、南病棟レストランのトンカツ定食が880円なのだから、当時としては高価だったろう。母と妹が何を注文していたかは覚えていないが、母は経済的に苦しかっただろうに私の注文にここ良く応じてくれた。デブの子供が不憫だったのかもしれない。そもそも当時外食は特別な日以外にはしなかったものだ。ヒレカツ定食がどんな味だったかも覚えていない。満腹になっていただろうに、食堂を出てとぼとぼ歩く帰り道がひどくさみしくみじめだったのをよく覚えている。
あれ以来だるま食堂に行ったことはない。それどころかまだ営業しているのか確認したこともない。もしやっていたらもう一回行ってみたい気がする。食堂に入るとなぜかこのだるま食堂のヒレカツ定食を思い出す。こんな話を子供たちにしても、全く理解できないだろう。まあ幸せなことで、それはそれでいいのだが。

スポンサーサイト
.21 2011 医療ねた comment3 trackback0

クラシコが来た!


4月から6年ぶりに病棟に戻る私。白衣新調しました話題のクラシコです
これまたケータイからのアップですが、「クラシコってなに!?」「っていうかだから何?」系のご質問を受けましたので少し補足を。実は2004年のオーベンを最後に、「リサーチトラクト(通称R)」という研究室専任になっていた私。この6年ベッド持ちしていなかったわけです。外来は外勤含め毎日ありまして、それはそれで大変だったのですが、陰で「前橋は遊んでる」とか「恵まれてる」などと批判を受けていたようです(後輩が熱く語ってくれました)。2年ごとのR更新だったのですが、いよいよ当科も「幕末」になり、そんなのんきなことも言っていられなくなったのでしょう。R中止もしくは継続のアナウンスもないまま、R5名は解散となり、国家総動員法のもと、私は病棟に戻ることになりました。さて、気がつくと白衣の背開きがバッくり切れてまして、それにきずかず、ずーっと着ていました。秘書さんに指摘され、白衣を新調することに。
ご存知の方もいるかと思いますが、日経メディカルという雑誌にアンダー35の医師向けの「日経メディカルCadette」というのがありまして、そこに「かっこいい白衣」ということで宣伝されていたのがこの「クラシコ」の白衣です(っていうか、お前35以下じゃないだろというご意見はスルーさせていただきます。あしからず^^)。「医龍」とかいうドラマとかに白衣提供しているそうです。夜酔っ払いながらネットでつい衝動買いしてしまったのです。。(お値段は福沢翁お二方ほど)。
しかし結構わくわくして待ってました。たまにはおしゃれもいいですよね。裏地がついてたり、内ポケットが豊富で機能的でもあります。シングルなんで基本はボタンをかけないで着るそうです。自分で言うのもなんですが、結構かっこいいです。ただ着ごごちはちょっと生地がかたいかな?一回くらい洗濯するといいのかもしれません。
皆さんもいかがですか?(ちなみに私はクラシコの回し者ではありません、念のため)。
.27 2011 医療ねた comment0 trackback0

大震災と「計画停電」

何しろすべてが経験のない、まさに未曾有の大惨事だ。まずはじめに今回の東北関東大震災で亡くなられた方々に心よりお悔やみ申し上げますとともに、被災され、避難生活を余儀なくされている方々に心からお見舞い申し上げます。福島原発の問題は、我々近県住民にも大きく影響するため、ニュースを戦々恐々としてみておりますが、確かに「想定外」の惨事であったとはいえ、おそらく建設する時は、ありとあらゆる「安全神話」でもって地域住民の方々を説得したであろうと考えると、今回の事態に対する東電の対応には首を傾げざるを得ません。
まさにチェルノブイリですね。私は甲状腺を専門としているのでチェルノブイリで起きたような、小児の甲状腺がんが数年後激増しないことを心から祈っています。何しろ、政府、東電には住民、国民に不利益であっても正確な情報を迅速に提供して欲しいと切に願います。また東電や原子力保安院の方々、大変だと思いますが、間違っても「撤退」などと口にしないでください。皆さんだけが頼りなんです。何にもないときはいいんです、こういう有事の時に仕事するのがあなたたちの本当の仕事ではないですか?もちろん現場で被爆を省みず、死力を尽くしてがんばっておられる方々がいっぱいいらっしゃるのも存じています。だからこそ、トップの方々には的確、迅速な専門的な判断をしていただきたい。

さて、東電といえば、14日から「計画停電」が始まりました。幸い私の家のある地区では停電はありませんでした。しかし同じ地区にある大学病院は「自主的」に停電したのです。非常に奇妙です。周りはどこも停電していないのです。なのに大学だけは東電の指定した時間、数十分まえから自家発電に切り替え、病院は最低限の機能を保ちましたが、研究棟は電力の供給なくすべてストップになりました。東電は結局この地域で停電を実行しなかったのに大学だけは停電となったのです。本日15日もまたそうでした。事務職員が言うには、「東電はいつ電力供給をストップしてくるか分からない、もし急にストップされたら、自家発電に切り替えるのに23秒かかるため、電子カルテや検査機器などが一斉にダウンしてしまい、混乱する。このため公表されている予定時間帯にあらまじめ「自主停電」する」のだそうです。また「この大学の電力供給システムはハイブリッドではなく、外部供給か自家発電かのどちらかしかないそうなので仕方ない」とのことなのです。
私たちは事務方に、「逆に言えば23秒あれば切り替えられるのであれば、せめて5分前に東電から停電の連絡をもらうようにすれば不要な「自主停電」は避けられるのではないか」と聞きましたが、事務方は「東電に言っては見たが、そのような個別対応はできない、と回答されたのので無理」とのこと。
それではそもそもこの計画停電は何のためにするのか?もともと当初は病院などには東電が発電車などを配備するといっていたのではないだろうか?「自主発電」でも燃料が必要で、不要な「自家発電」は燃料の無駄使いを生むことになる。。。

誤解のないようにいっておくが、不便は覚悟の上だ。「計画停電」で国家機能や、首都圏の交通機能が維持され、産業への影響がすこしでも緩和されるのであればいくらでも協力する。被災地でがんばっている人たちのことを思えばこんなことは大した負担ではない。いまこそ日本国民上げて協力するときだ。と、私は少なくとも思っているし、多くの人たちが賛同するものと思う。

しかしそれは「効果的」であるということが条件だ。

自家発電であっても、診療は制限され、患者さんも不利益を強いられている。つまり自家発電ではすべては代替できない。また研究棟はゴーストタウンだ、病院と異なり緊急電源は使用できないので、患者さんからの検体などのサンプルを貯蔵している冷凍庫などは毎日停電になり、一部サンプルが解ける危険性がある。精密機械は度重なる停電で故障するかもしれない。なにより全く仕事にならない。毎日計画が変わるので予定が立たないのだ。
大学病院というのは診療だけが仕事ではない、研究教育と業務は多岐にわたる。非常時なんだから研究とかいいだろといった意見には賛同しかねる。

それでも「計画停電」が必要なら仕方ない。甘んじて受けよう。しかしながら地域が全域停電でないのに病院だけ停電しなくてはいけない状況とは何なのだろう?。5分前の通告すら病院にできないという東電は、ではいったい何に電力供給を優先しようとしているのだろう?。普通は街灯や信号が消えたとしても、病院は電力が確保され、入院患者が安心して治療がうけられるように、また救急患者の受け入れがスムーズにできるようになっているのが「普通」の考え方ではないだろうか?少なくとも昨日今日は真逆だ。

かじりついても東電を説得できない事務方も情けないが、東電の方針が説明不足で全く理解できない。

明日は外来時間帯の朝早くから「自主停電」となる。さらに夕方から夜にかけての2回目の「自主停電」もあり
臨床、研究ともまともに仕事は出来ないだろう。むなしく機器のアラーム音が真っ暗な廊下に響くを聞くだけだ。
(文中の途中で言い回しが変わりました、ご容赦ください)。
.16 2011 医療ねた comment2 trackback0

祝ご開業

先週土曜日20km走って、大学の当直したらすっかり風邪を引いてしまい、
発熱こそなく食事も摂れるものの、上気道炎とカタル症状が強く一週間死んでました。
その間、飲み会が二つあり(自業自得)回復が遅れて居りましたが、なんとか今日体調は復調して
よかったです。
というのも、今日は米国留学中に一緒でいろいろお世話になった先生が新規開業される内覧会だったのです。
もともとは全く関東地方とは縁のなかった先生が私のもとに手紙を頂いたのはおよそ4年前。
こちらで開業されたいとのことで、かなりびっくりしましたが、留学中は私のいろいろな愚痴を聞いてくださり
かつ、さまざまなアドバイスを頂き、本当に尊敬できる先生でしたので何とかお役に立ちたいということで
微力ながらお手伝いさせていただいてきました。そしてとうとう今年、ご開業されることとなり、私としてもうれしい限りです。そこで今日は家族全員で東松山市の先生のクリニックにお邪魔してきました。継承のような形ですが、きれいなクリニックで、先生ご自身が面接されて採用されたというスタッフの方々も明るくて感じよくなんかことらまでほのぼのしました。すぐ前には門前薬局もあり、駅からもインターからも近く、しかもあまり周囲に医者がないとてもいい条件の立地だと思いました。何より先生の御表情が柔和で、達成感にあふれていらっしゃいました。内覧会にも午前中だけで地域の方々が60人近く集まられたそうで、地元の期待もニーズも十分あるようすです。サッカーで少し眠かったですが、とても心が温まるいい日曜日になりました。私もいつもこんないい精神状態で日々暮らしたいんですが。。。また明日からの仁義なき戦いへの活力となりました。
下記は先生のクリニックの宣伝です。お近くの先生方どうかごひいきにお願いいたします。
http://saiwaicl.byoinnavi.jp/pc/index.html
.30 2011 医療ねた comment0 trackback0

前橋太郎内視鏡検査を受ける。

今週は夏休みです。といってもどこにいくわけでもなく、まあただ外来がお休みなだけです。そこで何か有益なことをしようと考えたのが、内視鏡検査を受けることです。というのも父親が胃がんで、母親が大腸がんで亡くなっているため定期的に検査を受けるべきと考えていたからなのです。いわゆる胃カメラ(GIF)は30代後半からほぼ毎年飲んでいたのですが、いつもしてもらっていた後輩の先生がほかの病院へいってしまい、ここ2年は受けていませんでした。大腸ファイバー(CF)に至っては今まで受けたことがなく、やはりどこかで受けるべきと思っていたのです。今回内視鏡で県内有数のS診療所にいる同級生のS君に頼んでやってもらうことになりました。いやしかし何が大変だったってCFの前処置です。前の日にラキソベロンという下剤を飲むのですがこれが結構つらい。しかしながら当日腸の中がきれいになっていないと検査できませんから、私、前日の朝から何も食べず水分だけ取って下剤を飲んでました。翌朝からニフレックという強力な腸内洗浄薬を2リットル飲みます。これがまずい。。グレープフルーツフレーバーになっているようですが、はっきりいって汗飲んでるみたいでした。これ何とかもう少しのみやすくならないですかね。。飲み始めて1時間、トイレと友達になり2時間飲んで終了。いやあほんと大変でした。なんとか腸内のきれいさが合格点になり車で診療所へ。まずGIF。S君に聞くと最近はもっぱら経鼻内視鏡のほうが多いそうですが、私はスタンダードな口からのものでしてもらいました。S君は非常に上手で楽でした。十二指腸に炎症性ポリープが一個ありましたがこれは私もモニター見ながら大丈夫と思い、S君も同意してくれたので生検なく終了。萎縮性胃炎もなく
よかったです。CFは午後からでしたが、それまでS君の医局でゆっくり待たせてもらい、午後いちでCFへ。
私、腸が長いようです(笑)。S君は本当は肝臓専門ですがCFも非常に上手で助かりました。S状結腸にやはり炎症性ポリープが2個あり、これはつまんでもらいました。その他に著変なく無事終了。
いやほんとに患者さんの側に立った、3日間でした。実際に検査受けてみると大変だいうことがよくわかりました。いつもは「じゃあCF予定しましょう」とか軽く患者さんに言っていますが、よく考えないといけないなと思ったしだいです。
まずは大きな病変がなくてほっとしましたが、その後S君と「梅むら」で飲んだのですが、S君のほうも何か出てきちゃったらどうしようかと心配していたそうです。ほんと同級生はありがたいものです。
しかしながら検査のあと5食ぶりで、食べたコンビニ弁当のおいしかったこと!!
やはり健康ってのはすばらしいですね。
.19 2010 医療ねた comment0 trackback0
 HOME 

プロフィール

前橋太郎

Author:前橋太郎
前橋太郎(まえばし たろう)
某大大学院医歯学総合研究科 寄付講座准教授
日常診療における疑問をベンチで解決することを目指すphysician scientist。スローランとザスパクサツ群馬をこよなく愛する。

最新トラックバック

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。